組織を支える第二の骨格

 
皆様は筋膜という言葉を聞いたことがありますか?
実はこの筋膜、組織を支える第二の骨格とも呼ばれています。
今回は、そんな重要な役割を担う“筋膜”についてご紹介します。
 

筋膜とは


 
筋膜とは骨や筋肉を包む膜のことで、ウエットスーツのように体全身につながっています。
コラーゲンでできており、約85%が水分です。
組織を支える第二の骨格ともいわれ、重要な役割を果たしています。
 

筋膜の役割

 
・各組織を包み込み、組織と組織を結びつける
・組織同士がこすれあうことで生じる摩擦から保護する
・筋肉を保護する
・力の伝達を行う
・体の姿勢を保つ
このような役割があるため、生活する上で筋膜というのは大きな存在なのです。
 

筋膜について-まとめ-


この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・癒着しやすい特徴があります。
日々の生活、姿勢不良、オーバーワークによって、萎縮・癒着がおこり、コリや痛みを招きます。
また、筋膜は全身につながっているので、一箇所に萎縮・癒着が生じると、全身に影響が出ます
 
まとめると筋膜が萎縮・癒着することで以下のような事に繋がります。
・筋肉の柔軟性低下
・関節の可動域低下
・スポーツパフォーマンスの低下
・日常生活活動の低下
 
筋肉や関節がスムーズに動くためには、筋膜の滑りの良さが重要です。
 
この筋膜の萎縮や癒着を解消し、その滑りの良さを出すために行うのが、“筋膜リリース”です。
 

筋膜リリースとは


 
筋膜を柔らかくし滑りを良くして、解きほぐすことを「筋膜リリース」と言います。
ローラーや、テニスボールくらいのボールを使い、体にあて転がしながら行います。
筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻します。
 
筋膜リリースを行う事で以下のような効果が期待できます!
・筋肉の柔軟性向上
・関節可動域の向上
・スポーツパフォーマンスの向上
・トレーニング効率の向上
・日常生活動作の向上
・姿勢を整える
・リンパの流れや血流量の促進
・むくみ改善
など…
 
また筋膜リリースをする事で体温が上がるため、ウォーミングアップにもおすすめです!
 
【注意!】おすすめ出来ない方
・骨粗鬆症
・抗凝固療法を行っている
・糖尿病
・高血圧
・静脈瘤を患っている
・妊娠中
・体調が良くない
これらに該当する方は控えましょう。
 
 
今回は“筋膜リリース”をご紹介しました。
ボールでならご自宅でも出来るのと思うので、やってみてください!

関連記事

  1. ライブレッスン配信サービス開始!!

  2. 呼吸機能がパフォーマンスに与える影響

  3. オンライントレーニングでお家で体を整える

  4. 第一回スキー場への出張ストレッチ

  5. 新スタジオをご紹介!

  6. 正しい姿勢の作り方#1「立ち姿勢編」

初回限定 パーソナルトレーニング ¥7,000 初回限定 パーソナルトレーニング ¥7,000