バレンタインデーとホワイトデーの誕生!

 皆さんこんにちは!BuddyトレーナーのSAKIです。
今回は、バレンタインデーとホワイトデーについて徹底解説していこうと思います!
2月14日と3月14日、この日は街中に甘い香りが漂ってくるかのように美味しいお菓子がたくさん見受けられます🍫中には手作りのお菓子を作る方も…!✨
そんなみんなが大注目するイベントは、いつから生まれどのような経緯で日本に定着していったのでしょうか?徹底的に見ていきましょう。

バレンタインの生まれ

 2月14日の バレンタインデーと言ったら恋人たちの日として女性から男性に愛の告白をする際に本命チョコをプレゼントしたり、職場や学校で感謝の証としての義理チョコ、友人への友チョコを贈ることが一般的ですよね✨

そんなバレンタインの生まれは、3世紀のローマにまでさかのぼります。
当時のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止していました。
そんな中、政策に反対し隠れて多くの兵士たちを結婚させていたのが、キリスト教司祭であるバレンティヌスです。

彼の噂はやがて皇帝の耳に入り、怒った皇帝はウァレンティヌスに、二度とそのようなことがないように、またローマの宗教に改宗するように、と命令しました。
しかし、ウァレンティヌスは愛の尊さを説きその命令に従わなかったため、西暦270年頃の2月14日、処刑されてしまいます。 

後世の人々は、ヴァレンチノ司祭の勇気ある行動を讃え、彼を愛の守護聖神「聖バレンタイン」としてまつるようになりました。そして、ヴァレンチノ司祭が処刑された2月14日を「Saint Valentine’s Day(=聖バレンタインの日)」と呼び、お祈りをするようになったのです✨

ホワイトデーの生まれ

 3月14日は、「ホワイトデー」です。バレンタインデーにチョコレートをもらった人がお返しをする、というホワイトデーの風習は日本発祥だということを知っていましたか?✨
なんと同様の風習があるのは、日本の風習を取り入れた中国や韓国など一部のアジア諸国だけなのだそうです。

1970年代、日本流のバレンタインデーが広まるにつれ、「贈り物をいただいたら、必ずお返しをする」という日本的な感覚から、お返しをする人も増えていきました。

そこで、菓子業界がマシュマロやクッキー、キャンディをお返しの品として提唱し、当初は「マシュマロデー」「キャンディの日」等、名称も日程もさまざまでしたが、1980年に全国飴菓子工業協同組合が3月14日を「ホワイトデー」と命名したことがきっかけでそれが広がっていきました。
「白は純潔のシンボル、若者のさわやかな愛の象徴」ということで、ホワイトデーという名称になったそうです🦢

海外のバレンタイン

アメリカ
 アメリカは、男性が女性へ愛を伝える日です。バレンタインギフトとして渡すものは、アクセサリーや花束、バルーンなど✨
女性の心をつかむ、おしゃれなプレゼントが多いようです!

◉韓国
 韓国でのバレンタインデーに関しては、日本よりもお祭り気分が高まるとされています。
そして日本と同様、義理チョコやホワイトデーのお返しの風習もあるようです。
4月14日には、バレンタインデーやホワイトデーと無縁だった人が黒い服を着用して、ジャージャー麺を食べる「ブラックデー」が存在するそうですよ。

◉イタリア
 恋愛に関しては、日ごろから情熱をもって女性に接するといわれるイタリア。
イタリアのバレンタインデーでは、男性が特に力を入れて女性に接します。
バレンタインデーには赤いバラ、そして赤い下着を女性にプレゼントするのだとか。
そして、男性が女性へプロポーズすることがあるようです!素敵です✨

◉台湾
 台湾にはバレンタインデーが1年に2回あり、2月14日の他にも、旧暦の7月7日を「恋人の日」としてカップルでお祝いします。
バレンタインデーには、バラの花をプレゼントしてプロポーズをする男性が多いようです。

海外のホワイトデー

 日本で誕生したホワイトデーは、内容を変えながら中国や韓国にも広がっています✨
国の文化によって独自の変化を遂げるのも興味深いですね。

◉韓国
韓国のホワイトデーは日本と似ています。
バレンタインデーには女性から男性へチョコレートを贈り、ホワイトデーには男性から女性へお返しのプレゼントが贈られます。
バレンタインデーには学校や職場に配る「義理チョコ」もあり、その点でも日本と同じです。

しかし、特徴的なのは、バレンタインデー・ホワイトデーのどちらにも、プレゼントは大きな「バスケット」に入れるのが人気の贈り方。
バスケットにはお菓子やぬいぐるみ、花、アクセサリーなど、贈り物がたくさん詰まっています。
派手にラッピングされた大きなバスケットは、インパクトがあり、どんなプレゼントが入っているか取り出す楽しみも魅力です。

◉台湾
台湾にはバレンタインデーが1年に2回あり、2月14日の他にも、旧暦の7月7日を「恋人の日」としてカップルでお祝いします。バレンタインデーには、バラの花をプレゼントしてプロポーズをする男性が多いようです。

◉中国
中国において、バレンタインデーは「情人節」、ホワイトデーは「白色情人節」と呼ばれ、「情人」は恋人を意味します。
日本との大きな違いは、どちらの日も男性から女性へ贈り物をする日と認識されていることです。

そして「情人」という言葉が入っているだけあって、贈る相手は妻や恋人など大切なパートナーに限られます。
ちなみに4月14日は「黒色情人節」と呼ばれ、こちらは独身貴族のための日と定められています✨

お菓子の種類で相手の気持ちが分かる?

【バレンタインデー】
 原則は、チョコレートです。

チョコレートの意味は、「あなたと同じ気持ち」

日頃の感謝や信頼の気持ちから贈る義理チョコや友チョコに、同じくチョコレートで応えることは、すなわち「あなたと同じ気持ち」というメッセージになるというんです✨

【ホワイトデー】
原則は、キャンディーです。
そして他の種類にお菓子にも意味が存在するようです!

・「キャンディー」=「好き」
・「クッキー」=「普通・友達」
・「マシュマロ」=「嫌い」など言い伝えがあります。
(マシュマロ…決してそんなことはないと私は信じています。笑)

うっかり間違えると大変な問題に発展する可能性もありそうですが、心がこもっていればそれでいいようにも思いますね!✨

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました!
バレンタインとホワイトデーについて少しでも見聞が広まったのなら嬉しいです。
みなさまも素敵な人へのプレゼント、是非考えてみてくださいね✨
次回の投稿もお楽しみに〜!

【限定動画】
間違いだらけのトレーニング、ジョギングだけでは健康にならない
~まずはこれから始めたいトレーニング術~をプレゼント中!!!

​視聴ご希望の方はBUDDY公式LINEより「限定動画視聴希望」と明記の上メッセージをお願いいたします!

↓↓↓

https://lin.ee/19GOySJ




関連記事

  1. 「”身体はつながっている”とはどうい…

  2. 1月BUDDYイベントレポート

  3. 子供が取り組むべき運動~神経を繋ぐ【コーディネーション】~

  4. 面倒くさがりのあなたでも3分で猫背改善「待ち合わせ中にストレ…

  5. トレーニングのマンネリ化防止!!~自宅トレーニングでのプログ…

  6. 怪我する前より強い体を作る為に必要な考え

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

初回限定 パーソナルトレーニング ¥7,000 初回限定 パーソナルトレーニング ¥7,000